インドの北部インドのウッタラーカンド州にあり、ヨガの聖地としても知られるリシケシュ。私にとって「学び」に何度か足を運んだ大切な場所です。

一番最初に訪れたのは2年程前。婦人科系のトラブルに悩まされていた私は薬局の人工的に作られた薬を飲みたくなかったので、インドの伝統医学アーユルヴェーダのお薬を処方してもらうためあるアシュラムを訪れました。アーユルヴェーダは人間が本来持つ自然治癒力を最大限に引き出し、免疫力を高め、トラブルを内側から改善することにより心と体のバランスをとっていく生活健康法です。ナチュラルな原料で作られたお薬を処方してもらいながらカウンセリング、マッサージも毎日受けました。詳細が知りたい方はcontact formからメッセージください♡

着いたその日、そのアシュラムではイタリア人男性とインド人女性の結婚儀式をしていて、参列することに。笑顔が素敵でとってもお似合いの幸せそうなお二人から幸せのエネルギーをおすそ分けしてもらいました♡

ベジタリアンの手作りの食事が1日三食提供されます。朝はすごい量のフルーツ、昼と夜はいろんな種類のカレーとサラダ。

 

アシュラムの食事をするスペースに大きく壁に描かれていた言葉がとても素敵だったのでここでシェアしますね~♡

“My soul recognizes your soul. I honor the light, love and beauty. Truth and kindness within you because it is also within me. In sharing these things there is no distance and no difference between us. We are the same. We are the one.”

自分が見えている世界は全て自分が創り出したもので、全て鏡。他人の親切さに気づくのもそれは自分の中にあるから。スピリチャルな世界は信じがたいと思う人もたくさんいると思いますが今この社会の状況でこのようなことを発信していく人がどんどん増えていくと確信しています。スピリチャルな人とは特別な用語(例えばアカシックレコードやハイヤーセルフなど)を知っている、幽霊が見える、守護霊と繋がれる人などと想像してしまう人も多いのではないでしょうか。私はその定義はなんか腑に落ちなくて、私が考えるスピリチャルな生き方とは、自分の世界に責任を持って自分で世界を意識しながら創造していくことだと思います。辛いことが起こっても誰かを責めたり自分を責めたりするのではなくて、それから何を学んでいるか考えることができる人、心に正直で愛から物事を捉え選択していける人。愛についてはまた考えをシェアしていけたらいいな〜

I have not felt so comfortable when people call me like “You are spiritual” or something like that. Because some people think those are the spiritual people that know such words like “akashicrecord” or “higher self”, seeing the ghosts or having the ability to communicate with angels. So to be honest I cannot fully agree with this idea. I do believe that those are the people who are aligned with the universe, being able to create their own world consciously with responsibility, and having the ability to think about what we can learn from any experiences to make the best out of the worse with love. In this time of the world, I can feel the changes of the massive consciousness of how we see the world. I am so grateful to be able to share those thoughts in here.

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

海外ランキング