人生は長いと考えると見知らぬ土地に数か月、または数年単位で移住してみるのも素敵なアイデアだと思います。私がおすすめするのはジョージア。日本人に馴染みのない国がなぜ移住先としておすすめなのか。ジョージアの雰囲気が好きでなんとなくジョージア・移住と検索してみたところ、旅人の間では既に移住先としてSNSで話題になっていました。そこから得た情報をシェアさせていただきます。

・一年間ノービザで滞在できる

・金利が高い銀行

日本人はたくさんの国にビザなしで入国できますが一年間ノービザで滞在できる国はなかなかありません。一年のビザが切れたら隣国にビザラン(近隣国に一度出る)して戻れば簡単に滞在期間も延ばせちゃいます。

銀行口座を作ってしまえば金利(9%!)が高いので自動的に第二収入源も確立できます。ちなみに私が使っている日本の銀行の金利は0.3%。9%がどれだけ高いか分かると思います。100万円預けたら毎年9万円の利息がつく計算。外国人でも簡単に口座開設ができちゃうバンクオフジョージアがおすすめだそうです。

ジョージアではグルジア語とロシア語が話されていますが、若い人はある程度の英語は通じます。英語かロシア語が話せたら不自由はしないのではないでしょうか。物価が安く賃貸物件も日本とは比べ物にならない価格なので、パソコンから仕事するのが可能な方は移住先として最高な環境です。自然もいっぱい!永住までいかなくても、人生の中の数年見知らぬ土地に住むのも素敵なアイデアだと思います。

 

次回はトビリシから足をのばして愛の街と呼ばれる中世にタイムトリップしたようなお城に囲まれた街並みのシグナギや、黒海に面した港町バトゥミにも行ってみたいです。バトゥミは昔読んだアリとニノという愛の小説の主人公の2人の銅像があることで有名。異なる宗教と異なる民族という東西2つの世界に引き裂かれた男女の物語です。気になる方は本をチェックしてみてください~

あとジョージアのワインは本当に美味しかったです。普段あまりお酒を飲まないしワインの知識も全くない私ですが、泊まっていた宿のオーナー手作りのワインは本当に質の良いワインで悪酔いするわけでもなくぶどうジュースを飲んでるような感覚で飲めました。首都トビリシから比較的アクセスの良いテラヴィという街がワインの生産でとっても有名。ワイン片手にジョージアの美味しいパンやチーズを食べながらワイナリーで一日楽しめそう~♡

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

海外ランキング